カナダ ウィスラーの個人旅行専門店

Tag: 野生動物

高い木から落ちてくる松ぼっくりに注意!?

バレートレイルを歩いていると、まだカラカラになっていない新鮮な松ぼっくりが同じ場所に大量に落ちていることがあります。写真の松ぼっくりはトウヒという針葉樹の球果。新鮮なうちは重みもあるので風の影響で落下したのでは?と思いますが、それであれば落ちている場所にバラつきがあるはずです。 実は、ある動物が松ぼ

もっと読む »

山の8合目では癒しの動物「マーモット」と出会えることも

ゴンドラで山頂付近まで上がると、麓とは全く違う景色が広がります。ゴンドラ山頂駅(ラウンドハウス)は標高約1860mの高さにあり、山の8合目にあたります。ちょうど、この辺りの標高が「森林限界線(ツリーライン)」となり、それより上部はアルパインと呼ばれる高山エリアです。アルパインエリアは植物が成長するに

もっと読む »

クマに出会うことが多い季節。騒がず慌てず近づかない。人が果たすべき大切な役割とは?

寒い春が続くウィスラーでも山麓では雪解けが進み、例年より1-2週間遅れで新緑が鮮やかな季節を迎えています。散歩したり、マウンテンバイクで走ったりが気持ちいいときは、食料となる新芽を求めて山麓を徘徊するクマに遭遇する機会が増えるもの。特にクマの大好物のひとつ、タンポポの花が広がる場所では見かけることが

もっと読む »

見た目は犬に似ていて可愛いコヨーテ。見つけたらその場から離れましょう。

ウィスラーではブラックベアーなどの野生動物を目にすることが良くありますが、コヨーテもよく目撃する動物です。コヨーテはイヌ科でオオカミの近縁の動物。見た目にはキツネのようにも見えます。バレートレイル付近にも現れることも多くあり、誰かの飼い犬かな?と思いよく見るとコヨーテだったということもあります。夜行

もっと読む »

冬眠明けのブラックベアを見かけるようになってきました。

上の写真は、先日ウィスラーの野球グラウンドで撮影したもの。時間帯は夕方頃で、少なくとも私がその場所に滞在していた1時間ぐらいは熱心に食事を続けていました。 山では春スキーシーズン真っ只中ですが、麓では雪解けが進み、ブラックベアを見かける機会も増えてきました。熊は早朝や夕方に活動が活発になるので、その

もっと読む »

人を見かけると近寄ってくる名物ライチョウに遭遇!

ブラッコムの「Blue Line」というコースを滑っていた際、大きめの鳥を発見。写真を撮ろうと少し離れたところに停まると、なんと向こうから近寄ってきました。 さらに、低い位置から写真を撮ろうとしゃがむと、今度はスキー板を伝って、膝の上まで登ってきました(汗) 大きさや姿形から察するに、おそらくライチ

もっと読む »

スコーミッシュでサーモンの遡上、産卵の様子が観察できます【動画付き】

秋はサーモンの遡上シーズン!海へ下り大きく育ったサーモン達が、産卵のため生まれ故郷の川を目指します。 ウィスラーのお隣ペンバートンやスコーミッシュには産卵スポットがあるのですが、今回は先輩ガイドに教えて頂いた「Mamquam River Channel」という場所へ。ここはスコーミッシュの市街地から

もっと読む »

冬眠準備のブラックベアー

山の上が雪景色に変わる頃、麓ではブラックベアーが冬眠の準備をする時期です。先日、友人を自宅に送り届けようと家の前まで行くと、何やらモゾモゾっと動くブラックベアーを目撃しました。危うく鉢合わせになる前に気づいたので何事もなく回避できましたが、ドキッとした瞬間でした。 もうすぐ麓でも雪が降りそうなこの時

もっと読む »

野生の動物にエサを与えてしまうと$500の罰金が科せられます

カナダでは町と自然が身近なこともあり、野生動物が日常的に見ることができます。私の住んでいる家の周辺でもリスやウサギ、ブラックベアーなどの動物を見かけるほど、特にウィスラーは野生動物との距離が近い町です。旅行で来た方も、野生動物を見ることができれば思い出にも残りますよね。 それも、野生動物保護法という

もっと読む »

カナダ/ウィスラーの個人旅行専門旅行会社「JAPANADA」のスタッフが、現地の最新情報やウィスラーでの日常などを配信しています。

新着記事
日本、カナダの水際対策
人気の投稿
タグ一覧
アーカイブ
アーカイブ