カナダ ウィスラーの個人旅行専門店

Tag: スキー

先住民アートデザインのPeak 2 Peakゴンドラキャビン

ウィスラーブラッコムの両方の山を繋ぐPeak 2 Peakゴンドラ。約15分に1回だけ違うデザインのゴンドラキャビンが現れます。通常のキャビンは赤い色なのですが、現れた紫色のこのキャビンには先住民アートがデザインされています。この特別なキャビンは「グラス・ボトム・キャビン」と呼ばれ、中の床の真ん中が

もっと読む »

ウィスラーでナイター?カラハンのクロスカントリースキー施設へ行ってきました!

ウィスラーのスキー場にはナイターの設備はありませんが、ロストレイクパーク、カラハンのオリンピックパークには照明設備付きのクロスカントリースキー施設があります。 以前、ロストレイクのコースは利用したことがあったのですが、今回はカラハンの施設に行ってきました。 カラハンエリアにあるオリンピックパークは、

もっと読む »

北京オリンピック、スキークロスでウィスラー出身の選手が銀メダルを獲得!

激戦が繰り広げられている北京オリンピックですが、ウィスラー出身の選手が銀メダルを獲得したというニュースがありました!スキークロスという、規制されたコースを4人で競争し勝ち上がっていく競技で、ジャンプや起伏があるコースなのでただ速く滑るだけではなく、他の選手たちとの駆け引きも重要です。 銀メダルを獲得

もっと読む »

年々、形が変わっていく氷河の洞窟「Ice Cave」

ウィスラーに訪れたときに一度は行っておきたいと評判の観光スポット「氷河の洞窟(Ice Cave、またはGlacier Cave)」。ブラッコムマウンテンのShowcase T-Barに乗りそこから5分ほどスキーを担いで登ると、見渡す限りに広がるブラッコム氷河エリアを滑ることができます。パウダースノー

もっと読む »

ウィスラーのスキー場をモチーフにしたボードゲームを発見!

「蛇と梯子」というボードゲームをご存じでしょうか。欧米で古くから親しまれているゲームで、ワープ付きのすごろくというとイメージが湧きやすいかもしれません。 先日ウィスラーのガソリンスタンドで見つけたのが、「蛇と梯子」がウィスラーブラッコムスキー場仕様にアレンジされた「LIFTS AND RUNS」とい

もっと読む »

気温が高めな日が続くウィスラー。視界不良にご注意を!【2月8日スノーレポート】

ここ最近は気温が高めな天気が続いているウィスラー。ビレッジでは朝晩は0℃前後、山の上でも-5℃前後の気温です。朝晩は冷えこみ雪質は保たれているので、早い時間から滑ればグリップの良い圧雪バーンでの滑走を気持ちよく楽しめます。中腹あたりはエッジが引っかかりすぎて滑りにくい雪質、さらに下に滑ると春のような

もっと読む »

ウィスラーはナイター営業がない!?スキー後の楽しみ方は?

よく、「ナイター営業はありますか?」という質問を聞かれることがありますが、ウィスラーにはナイター営業はありません。リフト・ゴンドラは朝8時半から運行が始まり午後2時半~3時頃に終了します。それでも、スキー場の規模が大きく1本1本の滑走距離がとにかく長いので十分な満足感を得られます。 では、滑走後は何

もっと読む »

『マイルン1DAYウィスラーツアー』の募集開始!

YOUTUBE「カナダから配信!!MAI&LUNのウィスライフ」でお馴染みのマイとルンが、『マイルン1DAYウィスラーツアー』の催行を決定しました!! 今回は皆様の日程に合わせた完全プライベートツアーです!✨ 北米最大のスノーリゾート・ウィスラーブラッコムにて、山を知り尽くした私たちが241

もっと読む »

同じダブルブラックでも難易度様々、雪の状態によっても変わります

最近お気にいりのダブルブラック(超上級)コースがあります。ウィスラー山頂エリアからアクセスする「Glacier Cirque」というコース。スキー場のコースマップにもThe Cirqueとして記載があります。 マシュートラバースの滑り出しからすぐ左手がその入り口で、トップの写真の通り看板が設置されて

もっと読む »

バンクーバーから日帰りでウィスラーへ!必要な手配が全てまとまった「バンクーバー発日帰りパック」が便利でお得です!

バンクーバーからウィスラーは距離にして約120m、バスや車で約2時間以内に位置しています。直行の定期バスも運行しているので、日帰りでスキー・スノーボードを楽しむことができます。バンクーバーから日帰りでスキーやスノーボードを楽しむのには、何の手配が必要なのでしょうか。 まずは、バンクーバーとウィスラー

もっと読む »

カナダ/ウィスラーの個人旅行専門旅行会社「JAPANADA」のスタッフが、現地の最新情報やウィスラーでの日常などを配信しています。

新着記事
日本、カナダの水際対策
人気の投稿
タグ一覧
アーカイブ
アーカイブ