スキー場情報

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email

ようこそ、ウィスラー&ブラッコムスキー場へ!

海外スキー・スノーボードの代名詞とも言えるウィスラー。 ウィスラーとブラッコム二つの山を合わせると北米で最大規模のゲレンデとなり、毎年日本からも大勢の人達が訪れています。 

10mを超える年間平均降雪量、200以上を誇るコース数、11kmの最長滑走距離、滑走標高差は1600mを上回り、圧雪バーンからコブ斜面、一切圧雪の入らない斜面、ツリーの中や崖が剥き出しのエリアに至るまで、日本人にとっては山を丸ごと滑ることができると言っても過言ではありません。

Trail Map ゲレンデマップ
Info 各山の情報
ブラッコム山/BLACKCOMB
 
  • 標高差: 1,609 m
  • 標高: 2,284 m
  • 広さ: 1,382 ha
  • コース数: 100以上
  • パーク
  • ハーフパイプ
  • クロス
  • リフト数: 12 (+ PEAK 2 PEAK Gondola)
  • 最長距離: 11km
  • レストラン数: 9
ウィスラー山/ WHISTLER 
 
  • 標高差: 1,530 m
  • 標高: 2,182 m
  • 広さ: 1,925 ha
  • コース数: 100以上
  • パーク
  • リフト数: 19 (+ PEAK 2 PEAK Gondola)
  • 最長距離: 11km
  • レストラン数: 9
PEAK2PEAK世界最長のゴンドラ

ウィスラーに来たら是非乗っていただきたいのが、ウィスラーとブラッコムの2つの山を結ぶゴンドラ「PEAK2PEAK(ピークトゥピーク)」。28人乗りで全長4.4kmを11分で結び、世界記録を3つ所持しています。

PEAK2PEAKの世界記録
①全長4.4kmのうち支柱無しで繋がっている距離が3.024kmと世界最長
②谷底からの高さが436mと世界最高
③世界最長の連続リフトシステム:3つの高速ゴンドラが接続。

Trail Levelコースレベル
スキー場レベル

ウィスラー&ブラッコムスキー場は良く管理されたゲレンデで、分かれ道には看板が立ち、コース名はもちろんのこと、コースの難易度、そのコースを滑ることで向かうことの出来るエリアやリフト名が記載されています。 
またスキー場エリア外に続く場所にはロープが張られ注意書きの看板も出ているので、自分達で滑走することも十分に可能です。

しかしながら日本からやってきて、限られた時間の中で可能な限り楽しみたいという方には、弊社のゲレンデガイドを雇うことをお勧め致します。日本と比較すると本当に広大なゲレンデ、地図を広げて「本当にこっちでいいのかな?」と不安を抱えながら進んだ先は、自分達の望まぬ急斜面!!なんてことになるとせっかくの楽しい時間が台無しです。

エリアを良く知る弊社ガイドにお任せ頂ければ、お客様の要望と滑走技術から楽しんでいただけそうな斜面をチョイスしてご案内いたします。また様々なシチュエーションを滑走できる方には、自分達ではどうやったらそこに出るのかわからないような斜面へのご案内もできるかもしれません! 

カナダ、ウィスラーの個人旅行専門旅行会社「JAPANADA」のスタッフが、現地の最新情報やウィスラーでの日常などを配信しているブログ。

新着記事
人気の投稿
アーカイブ
アーカイブ
タグ一覧

関連の記事