カナダ ウィスラーの個人旅行専門店

【Crankworx観戦レポート】Ultimate Pump Track Challenge編

Ultimate Pump Track Challengeは複数のライダーが同時にスタートし、誰が早くゴールできるか競う競技です。先日紹介したDual Slalomとの違いは、Dual Slalomが斜面にコースを造成するのに対して、Ultimate Pump Track Challengeでは平らな場所により短距離のコースが造られ、また競技に使用するマウンテンバイクはチェーンレスとなります。

ローラーと呼ばれる起伏を、パンプというテクニックでバイクを加速させていきます。

「チェーンレス=ペダルでバイクを漕げない」のですが、コース上の連続する起伏を走行する際に、「パンプ(日本ではプッシュとも呼ばれます)」というテクニックを使いバイクを加速させていきます。

一般的な大会用のパンプトラックのコースでは、1対1の2人用に設計されますが、今回のCrankworkのコースは4人同時にスタート可能な直線コースとなっていました。

タイム方式の予選で絞られた64人が、決勝ラウンドでは4人ずつ競技を行い上位2人が勝ち抜けていくトーナメント方式。今回新採用された競技フォーマットとのことでしたが、4人同時に走ることで迫力が増しており、競技自体の進行・展開も速いので、観客側にとってはよりエキサイティングだっと思います。

優勝したAdrien LORON選手。決勝ラウンド前、注意深くコースを観察しています。

ちなみに、この競技で優勝したのはフランスのベテランライダーAdrien LORON選手。予選1位、決勝ラウンドも全て1位で通過してきた本命選手を下しての勝利で、さすがの勝負強さでした。

👇男子決勝レースの様子はこちらからどうぞ👇

カナダ/ウィスラーの個人旅行専門旅行会社「JAPANADA」のスタッフが、現地の最新情報やウィスラーでの日常などを配信しています。

新着記事
日本、カナダの水際対策
人気の投稿
タグ一覧
アーカイブ
アーカイブ

関連の記事