カナダ ウィスラーの個人旅行専門店

この時期だけ!大迫力の雪の回廊を散策してきました。

今日の一枚や、過去のブログでもご紹介していますが、初夏のこの時期、ウィスラー山には雪の回廊(雪壁)のトレイルが出現します。先日、ジャパナダのミニハイキングツアーでお客様をこちらにご案内してきましたのでツアーの様子を写真でご紹介します。

ウィスラーボウルに架かる吊り橋「CLOUDRAKER SKYBRIDGE」。ウィスラー山頂へ向かうリフトから。

この時点ではオープンしていませんでしたが、冬の間はケーブルのみだったCLOUDRAKER SKYBRIDGEに橋桁が設置され準備が整っているように見えます。カナダデーに合わせ今週末のオープンを期待したいところです。

ウィスラー山頂のイヌクシュクで記念撮影
雪の壁が最も高いエリアでの一枚

雪の壁が整備されているルートは、ウィスラー山頂から8合目ラウンドハウスまでの「Mathew’s Traverse」と「Pika’s Traverse」になります。中間地点付近の雪壁が最も高く、目測で7m~8mはありそうでした。

奥に見えているリフトはシンフォニーエクスプレス

トレイルの途中には雪壁の無い場所もあり、開けた絶景も楽しむことができました。場所による積雪量の違いは、日当たりの良し悪しと地形が関係していると思います。真冬であっても、風を強く受ける場所は雪が飛ばされ露出した岩肌を見かけることが良くあります。

アルパインエリアのその他のハイキングトレイルについては、残雪の影響で例年よりオープンが遅れていますが、雪の回廊が楽しめるのは今だけですので、この機会に是非ゴンドラで山に上がってみて下さい。(リフト・ゴンドラ券はこちらかお申込みいただけます。)自分たちだけは山に上がるのは不安という方は、リフト・ゴンドラ券付きのミニハイキングツアー(日本語ガイド)をご検討くださいませ。

もし、直近の日程でゆったりとしたペースで長いハイキングを楽しみたいということであれば、1日ハイキングツアーのジョフリーレイクスコースが催行中ですので、こちらがオススメです。

カナダ/ウィスラーの個人旅行専門旅行会社「JAPANADA」のスタッフが、現地の最新情報やウィスラーでの日常などを配信しています。

新着記事
日本、カナダの水際対策
人気の投稿
タグ一覧
アーカイブ
アーカイブ

関連の記事