カナダ ウィスラーの個人旅行専門店

上部は真冬並みのコンディションに【3月17日スノーレポート】

過去ー週間の累積降雪量は43cm、決して多くはありませんが、毎日10センチ弱コツコツと降り続けており、ゲレンデ上部の雪は滑りやすいソフトスノーが戻ってきました。

アルパインエリアは雪と雲で視界が悪く、ピークエクスプレスやセブンスヘブンのリフト乗り場には、エキスパートオンリーの看板が設置されていました。視界の悪さは予想通りだったので、ウィスラー側のツリーランエリアへ。ツリーウェル(ツリーホール)や沢への注意は常に必要ですが、森の中はコントラストが効くので、オープンバーンよりは滑りやすくなります。

平日ということもあり、山上部は人も多くなく、森の中はノートラックの場所も多く残されていました。このエリアを滑るためには、クリークサイドゴンドラ、ビッグレッドエクスプレス、ピークエクスプレスと3本乗り継ぎが必要なのですが、コンディションが良かっため同じエリアを3回滑走。大満足の一日となりました。

カナダ、ウィスラーの個人旅行専門旅行会社「JAPANADA」のスタッフが、現地の最新情報やウィスラーでの日常などを配信しているブログ。

新着記事
日本、カナダの水際対策
人気の投稿
アーカイブ
アーカイブ
タグ一覧

関連の記事