カナダ ウィスラーの個人旅行専門店

時折太陽がのぞくお天気に【3月3日スノーレポート】

青空と雲のコントラストが爽やかなブラッコム氷河エリア

過去1週間で累積64㎝、また昨晩の降雪は4cmと、ここ最近のゲレンデコンディションは良い状態になってきています。

ゲレンデ下部はザラメ雪や湿雪ですが、5合目から上部はドライな軽めの雪です。明日以降、気温が上昇する予報となっているのが気にはなりますが、アルパインエリアなどゲレンデ上部は引き続き良い雪が保たれると思います。

昨日までは曇りがちで視界がなかったアルパインエリアも、今日はタイミング次第では晴れることもあり、セブンスヘブンやブラッコム氷河を滑走。バックカントリーからアクセスする、ブラッコム氷河の上部のエリアには多くのシュプールが残っており、バックカントリーに出ていた方も多かったようです。しばらくは晴れの日が続くようなので、気温が上がりすぎさえしなければスキー日和が続きそうです。

カナダ、ウィスラーの個人旅行専門旅行会社「JAPANADA」のスタッフが、現地の最新情報やウィスラーでの日常などを配信しているブログ。

新着記事
日本、カナダの水際対策
人気の投稿
アーカイブ
アーカイブ
タグ一覧

関連の記事