カナダ ウィスラーの個人旅行専門店

【カナダ】カナダ入国の水際対策及び、観光目的での入国に必要な条件について【2022年5月3日更新】

本記事は2022年5月3日に更新しました。

注意事項 – 初めにお読みください –

本記事では、日本からカナダに入国する場合の水際対策/入国条件の概要についてまとめています。日本以外からの渡航(懸念される変異株の感染が確認されている国・地域からの渡航の場合など)は水際対策が異なる場合がありますのでご注意ください。

また、州毎に国の規制より厳しい水際対策が設定される場合もありますので、訪問先の情報を州政府公式ページ等で必ずご確認ください。


【2022年4月25日以降】水際対策の概要

「カナダ入国の条件」を満たしていれば、カナダ入国が可能となっています。また、2022年4月25日、一部水際対策が緩和されました。現在の概要は下記の通りです。

<ワクチン接種完了者 (12歳以上)>

・入国後の隔離不要
・万が一のための14日間の自己隔離プランの提出(Arrive Canアプリ)は不要
・入国前の迅速抗原検査(Rapid antigen test)または分子検査(PCR検査)の陰性結果の提出は不要
・すべての国からカナダに到着する渡航者のうち、ワクチン接種完了者は到着時検査(無料)にランダムで選ばれるが、検査結果を待つ間、隔離は不要

<ワクチン接種を完了した5-11歳の子供>

・ワクチン接種完了者 (12歳以上)と同様

<ワクチン接種完了者の大人と同行する、ワクチン未完了な5-11歳の子供>

・入国前の迅速抗原検査(Rapid antigen test)または分子検査(PCR検査)の陰性結果の提出は不要
・入国後の隔離が免除され、行動を制限するような所定の条件もない。例えば、学校、キャンプやデイケアに参加する前にも隔離は必要はない。ただし、入国後14日間は公共のエリアでのマスク着用が必須

<4歳以下の子供>
・4歳以下の子供はワクチン接種要件から除外されます。その他、入国に関わる制限もありません。

<ワクチン未接種者 (12歳以上)>
・入国前、到着時に検査を受け、14日間の隔離を行う必要がある。8日目に再度検査を受ける。ワクチン未接種の外国人は、数少ない例外に該当しない限り、カナダへの入国が許可されない

最新の入国関連情報については、必ず下記リンク先の内容をご参照ください。

【補足】到着時検査について

到着時検査は、その場で検査されるか、自己検査キットを渡される可能性もあります。自己検査キットを受け取った場合は、カナダ入国から24時間以内に自己検査キットの標本を提出する必要があります。

「カナダ入国の条件」の概要

  • 出発前にArrive Canを使用して必要な登録を事前に済ませる
  • ワクチンの完全接種

【補足】Arrive Canの事前登録について

カナダ入国時には、「ArriveCan」への登録が必要です。下記リンクから登録のためのスマートフォンアプリをダウンロードできます。

Arrive Can 登録について(カナダ政府公式ページ・英文)

Arrive Canへの各種必要情報の登録は、カナダ到着予定時刻の72時間前以内に行う必要があります。また、主な必要登録事項は下記の通りです。

  • 入国便情報
  • パスポート情報
  • ワクチン接種証明書のアップロード

【補足】ワクチンの完全接種について

ワクチンの完全接種の条件とは、「カナダ政府が承認するワクチンを接種後(2回必要なものは2回目接種後、2種類ミックスも可)2週間以上経過している」となります。

ワクチン完全接種の条件(カナダ政府公式ページ・英文)

  • 現在のカナダ政府承認ワクチン
    • AstraZeneca/COVISHIELD
    • Bharat Biotech
    • Janssen/Johnson & Johnson
    • Medicago Covifenz
    • Moderna
    • Novavax
    • Pfizer-BioNTech
    • Sinopharm BIBP
    • Sinovac

また、ワクチンの接種証明書は、ArriveCanにて事前アップロードと入国時の携行が必要です。また、ワクチン接種証明書が英文もしくは仏文以外の場合は、承認機関による翻訳書類が必要となります。

カナダ/ウィスラーの個人旅行専門旅行会社「JAPANADA」のスタッフが、現地の最新情報やウィスラーでの日常などを配信しています。

新着記事
日本、カナダの水際対策
人気の投稿
タグ一覧
アーカイブ
アーカイブ

関連の記事