カナダ ウィスラーの個人旅行専門店

ウィスラーから紙のゲレンデマップが無くなる?ベイルリゾート社の環境対策

ウィンタースポーツ系のWebメディアより、ベイルリゾートグループの全スキー場から紙のゲレンデマップが無くなるとの報道がありました。

Vail Resorts Permanently Axes Trail Maps at All Its Resorts by Peakrankings

昨シーズンは感染症拡大防止策(物理的接触の低減)の一つとして、紙のゲレンデマップが配布されませんでしたが、今シーズン以降は省資源策として紙マップが廃止となるようです。

昨シーズン、紙マップなしでも問題無く運用できたことが、恒久的な廃止の決め手になったのではと想像しています。

スマートフォンアプリ等のデジタルマップへ

代わりの地図は、ベイルリゾート公式アプリの「Epic mix」上のデジタルマップがメインになるでしょう。これが意外と良くできていて、紙の地図と同じデザインのゲレンデマップ上に、自身の現在地やリアルタイムのリフトオープン情報や待ち時間が表示されます。

view trail maps in the epicmix app
アプリ上のマップのイメージ(ベイルリゾート公式サイトより)

EPIC MIXアプリ(ベイルリゾート公式サイト)

ペーパーレス化は、時代の要求&流れと言えばそれまでですが、なんだか寂しい気もします。

私自身、初めてウィスラーに滑りに来た時のゲレンデマップは今でも持っています。案内してもらったゲレンデガイドさんにその時の滑走コースのマーキングやメモなどを書き込んでもらってあるもので、思い出の一品です。

また、スキー旅行で訪れた各地のゲレンデマップを、記念に集めていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。

個人的な希望としては、有料で構わないので、耐水性のある紙にアップグレードして商品として販売してくれると嬉しいですね。

カナダ/ウィスラーの個人旅行専門旅行会社「JAPANADA」のスタッフが、現地の最新情報やウィスラーでの日常などを配信しています。

新着記事
日本、カナダの水際対策
人気の投稿
タグ一覧
アーカイブ
アーカイブ

関連の記事