【カナダで働く】アルコールを提供する仕事のための資格

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email

ウィスラーのあるカナダのブリティッシュコロンビア州では、アルコールを提供する仕事(ウェイトレス、バーテンダーなど)で働く際には「Serving It Right」という資格の取得が必要となっています。

この資格はお酒の提供によって起こりえるトラブルを防ぐためにあつもので、提供時の法的責任、注意義務、アルコール中毒などについて学びます。

事前にオンラインで4時間ほどの講習を受けてから、テストに望みます。受験費用は$35で、高くはないですが何度も落ちたくはない金額となっています。35問中80%以上の正解で合格となります。

噂では時々抜き打ちで調査の人が来て、レストランの従業員がみんなこの資格を持っているか確認しに来ることがあり、1人でも持っていない人がいた場合レストランに対して罰金となるそうです。

道や公園などでの飲酒も禁止されているカナダ。お酒に関しての決まりは、日本よりも厳しいイメージです。

カナダ、ウィスラーの個人旅行専門旅行会社「JAPANADA」のスタッフが、現地の最新情報やウィスラーでの日常などを配信しているブログ。

新着記事
人気の投稿
アーカイブ
アーカイブ
タグ一覧

関連の記事