カナダ政府がワクチンパスポートについて発表

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email

11日水曜日、カナダ政府から「ワクチンパスポート」についての発表があり、今年の秋初めにも発行準備ができていることを明かしました。ウィスラーのあるブリティッシュコロンビア州の保健当局も、海外旅行用のワクチンパスポートを全面的に支援していると述べています。

マルコ・メンディチーノ移民大臣によると、ワクチンパスポートはすべての州で共通であり、保有者のCOVID-19ワクチン接種歴、接種日、接種したワクチンの種類、接種場所が記載されると発表しました。

ケベック州は、9月1日からワクチン接種証明システムを導入することをすでに発表していますが、ジム、バー、レストラン、フェスティバルなどを利用する場合は写真のようなQRコードの提示によって、ワクチンの接種証明となるそうです。

個人的にそろそろ日本にも帰りたいので、今後海外旅行の際にどのような形でワクチンパスポートの提示が求められるのか注目しています。

カナダ、ウィスラーの個人旅行専門旅行会社「JAPANADA」のスタッフが、現地の最新情報やウィスラーでの日常などを配信しているブログ。

新着記事
人気の投稿
アーカイブ
アーカイブ
タグ一覧

関連の記事